Top page  1/336
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2017

【拙訳】Sherlock Season4 E2 日本語訳まとめ⑤(ネタバレ有)

CATEGORYSHERLOCK関連
SHERLOCK Season4(シャーロック シーズン4) E2「The Lying Detective」の翻訳続きです。
前回の④から続いてます。
S=シャーロック、J=ジョン、H=ハドソンさん、T=セラピスト、SM=スミス、M=モリーです。

00:32:00~00:37:00

T:I'm so sorry, I answered your phone, you were busy.
I think you'll want to take it.

ごめんなさい、あなたに電話みたい。忙しいって伝えたんだけど。
電話に出てほしいみたいよ。

J: Uh, yes, hello?
はい、もしもし?

SM:Is this Doctor John Watson?
ジョン・ワトソン先生か?

J: Yeah. Who's this?
そうだけど。あなたは誰?

SM: Culverton Smith. You've probably heard of me.
カルヴァートン・スミス。君は恐らく私について何か聞いているのでは。
probably 恐らく

(パソコンに載ってるスミスの記事を目にしながら)

J: Uh, well, yes.
あぁ、えぇ、聞いてます。

S: Get me a fresh glass of water, please. This one's filthy.
(花瓶を掲げながら)新鮮な水をくれないか。これ汚いぞ。
filthy 不潔な、汚れた

S: I mean, I'm aware of this morning's developments.
つまり、私は今朝の出来事を知ってる(シャーロックがスミスをシリアルキラーと公言したこと)
developments 発達、進展、発展

J: Yes. I'm sure he was being hilarious.
Sorry, did you say all still meeting?

えぇ、彼はとてもはしゃいでいました。
すいません、あなたと会う約束してました?
hilarious 大変陽気な、浮かれ騒ぐ

SM:You,me and Mr Holmes.
I sent a car.It should be outside.
Mr Holmes gave me an address.

君と私とホームズさんでね。
さっき車をよこしたから、そちらに迎えが行くはずだ。
ホームズさんには、住所を教えてもらってるから。

J: Well, he couldn't have given you this one…
いや、彼はあなたに教えてないはず…

(ドアベルが鳴る)

MAN: When you're ready.
ご準備はよろしいでしょうか。

(ドアを閉めるジョン)

J: When did Sherlock give you this address?
シャーロックがあなたに住所を教えたのはいつです?

S: Two weeks ago.
2週間前だよ。

J: Two weeks?
2週間?

SM: Yes. Two weeks.
そうだよ、2週間前だ。

J: How did you know where to find me?
どうやってあなたは僕がここにいると?

H: Oh, Sherlock told me.
He's not so difficult when you've got a gun on him.

シャーロックが教えてくれたのよ。
彼が銃を持っていなければ、聞くのはそれほど難しくないことじゃないわ。

J: How did you know?How?
どうやって僕の居場所が分かった?

J: On Monday,I decided to get a new therapist.
Tuesday afternoon, I chose her.

月曜日に僕は新しいセラピストを探すことにした。
火曜日の午後に、彼女を指名した。
decided to することにした。

J: Wednesday morning,I booked today's session.
Now, today is Friday.

水曜日の朝に、僕は今日のセラピーの予定をいれた。
で、今日が金曜日だ。

J:So two weeks ago,two weeks,
before you were abducted at gunpoint,
and brought here against your will over a week before I even thought of coming here,
you knew exactly where you'd need to be picked up for lunch?

2週間前、2週間だ。
(ハドソンさんに)銃で誘拐される前だし、しかも君の意思に反してここに連れてこられてるのに。
僕がここに来るって、1週間以上前にどうして君が知ってる?
ランチをするために車を迎えに来させる場所を、なんで正確に知ってるんだ?
against ~に備えて、~に反対して

S: Really? I correctly anticipated the responses of people
I know well to scenarios I devised?.
Can't everyone do that?

わからないか?僕は人の反応を正しく予想したんだ。
シナリオをよく考えて、考案したんだが?
誰にでも出来るわけじゃないのか?
anticipate 予期する。
scenarios 脚本、撮影台本、シナリオ
devise 工夫、考案する、案出する

H: How?
どうやって?

S: Except the boot. The boot was mean.
トランク以外だけど。トランクは卑怯だった。
except …を除いては、…のほかは

J: Never mind how.
He's dying to tell us that.
I want to know why.

やり方を聞いてるんじゃない。
君はすぐそれを話したがる。
僕が知りたいのは”なぜ”だ。

S: Because Mrs Hudson's right. I'm burning up.
ハドソンさんは正しいからな。熱が出そうだ。

S: I'm at the bottom of a pit and I'm still falling,
and I'm never climbing out.

僕は穴の底にいて、まだ倒れている(落ち続けている?)
そして、這い出てきていない。

S: I need you to know, John.
I need you to see that up here.
I've still got it,
So when I tell you that this is the most dangerous,
the most despicable human being that I have ever encountered.

君に知っておいてほしいんだ、ジョン。
(自分の頭を指しながら)ちゃんと、ここで見てくれ。
僕はまだわかってる。
あいつは今までに出会った中で最も危険で、最も卑劣な人間だって。
despicable 卑しむべき、卑劣な

S: When I tell you that this monster must be ended.
please remember where you're standing,
because you're standing exactly where I said you would be two weeks ago.

この怪物は存在してはいけない(終わらなければいけない)
頼むから、君が今どこにいるのか思い出してくれ。
君は2週間前に僕が言った場所に間違いなく立っているんだ。


S: I'm a mess.I'm in hell.
but I am not wrong, not about him.

僕は混乱してるし、地獄の中にいる。
でも、僕は間違ってないし、彼についてじゃない(ネット上のスミスの写真を指差しながら)
not about him がうまく訳せない…
mess 混乱、めちゃくちゃ


J: So what has all this got to do with me?
それが僕とどう関係してるの?

S: That creature,that rotting thing is a living,
breathing coagulation of human evil.
If the only thing I ever do in this world is drive him out of it,
then my life will not have been wasted.

その怪物は腐りかけながらも生きてるし、
人間の悪の固まりのように生きている。
僕がこの世界で唯一やってること(コンサルタント探偵のこと?)が、
彼をこの世から追い出せるのなら、僕の命は無駄にならないだろうね。
creature 生き物
breathing 息をしている、生きている
coagulation 凝固
wasted 無駄な、無益な


S: Look at me. Can't do it.Not now. Not alone.
なぁ、見ろよ。できないんだ。今じゃなくたって、一人じゃ出来ないんだ。

(ジョンが手を差し出し、シャーロックはその手を取り握手をするが、
ジョンが逆の手でシャーロックの袖をめくりあげると、薬を打った痕が残っている)

J:Yeah,well, they're real enough, I suppose.
あぁ、そうだな、充分、本物みたいだ。
(シャーロックが薬でおかしくなって、スミスを怪物扱いしたと思っての発言)

S:Why would I be faking?
なんで僕をだまそうとする?

J:Because you're a liar!
You lie all the time, it's like your mission!

君が嘘をつくからだ!
君はいつも嘘をつく、まるでそれが君の使命かのように!

S:I have been many things, John,
but when have I ever been a malingerer?!

そうだな、僕は今までたくさん嘘をついてきたよ、ジョン。
けど、僕が仮病をつかったことがあったか!?

J:You pretended to be dead for two years!
きみは2年も死んでるふりをしただろ!
pretended 偽りの、うわべだけの

S:Apart from that!
それは別だろ!

J:Listen, before I do anything, I need to know what state you're in.
なぁ、僕がなにかをする前に、君が今どんな状態なのか知る必要がある。
state 状態

S:Well, you're a doctor, examine me.
あぁ、君は医者だろ。どうぞ検査してくれ。
examine 検査

J:No, I need a second opinion.
いや、セカンドオピニオンが必要だ。

S: Oh, John,calm down.
When have you ever managed two opinions?
You'd fall over.

おい、ジョン、落ちつけ。
今まで君が2人の医者の意見を管理した時があったか?
君も倒れてる(落ちてる?)んじゃないのか。
(ここは前の「I'm still falling」にかけてるっぽいから、君も薬やっちゃったの?みたいな感じ?)
managed 管理

J: I need the one person who,
unlike me,learned to see through your bullshit long ago.

誰かもう一人必要だ。
僕とは違って、ずいぶん昔に君の嘘を見破れる人がね。(直訳:君が言うでたらめが分かる事を学んだ人)
unlike 同じでない、似てない、違った
bullshit たわごと、でたらめ

S: Who's that,then? I'm sure I would have noticed.
そんな奴がいたか?いたとしたら、僕は気づくはずだ。

J: The last person you'd think of.
君がいちばん考えつかなそうな人だよ。

J: I want you to be examined by Molly Hooper.
J: Do you hear me? I said Molly Hooper.

モリーに検査してもらってほしい。
聞こえてるか?モリーだよ。

S: You're really not gonna like this.
君は本当に、好きになれそうにないな。
(このthisは何を指してのthisだろう??)

J: Like what?
なにが?

(チャイムの音)

M:oh.Hello.Is,er...I’m sorry, Sherlock asked me to come.
あっ、こんにちは、あっ、あの、ごめんなさい。
シャーロックがここに来いって。

J: What,two weeks ago?
2週間前に?

M: Yeah. About two weeks.
ええ、2週間くらい前に。

S: If you'd like to know how I predict the future ...
僕が未来をどうやって未来を予測しているかを知りたいのなら…

J: I don't care how.
だから、やり方は聞いてない。

S: Okay. Fully equipped ambulance.
Molly can examine me on the way to save time.
Ready to go, Molly?

わかった。設備のいい救急車だな。
時間を節約しつつ、僕を調べられる。
準備はいいか、モリー?
ambulance 救急車

M: Oh,well ...
あ、えっと…

S: Just tell me when to cough.
咳をするタイミングを教えてくれ。

K: Hope you remembered my coat.
僕のコートを覚えててくれてるといいけど。
(モリーにコート持ってきてって頼んでたってこと?「僕のコート持ってきてくれた?」って感じかなぁ)

M: Sorry. I didn't know that you were gonna be here.
I have absolutely no idea what's going on.

ごめんなさい。あなたがここにいるって知らなかった。
何が起こってるのか全然わからないわ。

J: Sherlock's using again.
シャーロックがまた薬を使ってる。

M: Oh God.Well,um... Are you sure?
えっ、またなの。えっと…大丈夫?

J: No.It's Sherlock. Of course I'm not sure.
Just check him out.

いいや、あのシャーロックだぞ。もちろん、大丈夫じゃない。
シャーロックから目を離すな。

H: Is Molly the right person to be doing medicals?
She's more used to dead people.
It's bound to lower your standards.

モリーは医療を行うのにふさわしい人なの?
彼女は死体のほうが慣れてる。
あなたの基準より下げるに違いないわ。
(シャーロックがどういう状態にあるかの判断ってことかな)

J: I don't know. I don't know anything any more.
わからない。僕にはもうなにもわからない。

H:oh...
あら…

J: Mrs Hudson.As ever,you are amazing.
ハドソンさん、あなたは相変わらず、すごい。
As ever 相変わらず、いつものように

H: No.You're going to have to buck up a bit, John.
You know that,don't you?The game is on!
あなたはちょっとでも頭を下げるべきよ、ジョン。
わかってるの?ゲームはもう始まってるのよ!

J: I'll do my best.
最善はつくすよ。

H:Anything you need.Any time.Just ask.Anything at all!
あなたがほしいものは何でも、どんな時でも、言ってちょうだい。
どんなことだっていいのよ!

J: Thank you.
ありがとう。

J: Uh...Sometimes, can I borrow your car?
あのさ…時々、車借りれる?

H: No.
だめ。

J: Okay.
わかった。
20
2017

【拙訳】Sherlock Season4 E2 日本語訳まとめ④(ネタバレ有)

CATEGORYSHERLOCK関連
SHERLOCK Season4(シャーロック シーズン4) E2「The Lying Detective」の翻訳続きです。
S=シャーロック、J=ジョン、W=ウィギンズ、H=ハドソンさん、T=セラピストです。

00:28:00~00:32:00

J: What's happened?
なにがあったんです?

H: It's Sherlock!
You've no idea what I've been through!

シャーロックよ!
私がどんな目にあったのか、あなたにわかる?!

-------------------------

W: I'm out of here.
He's lost it.He's totally gone!

俺はここから出て行くぞ。
あいつはキレて、完全に自分を見失っちまってる。

S: "Once more unto the breach dear friends,once more!
Or close the wall up with our English dead.

”もう一度あの突破口へ突撃だ、諸君、もう一度!
それが出来ないのなら、イギリス兵の死体であの穴をふさいでしまえ。

Set the teeth and stretch the nostril wide.
Hold hard the breath and bend up every spirit to his full height.

歯を食いしばり、鼻を広げて息をのみ、精一杯勇気を振り絞るのだ。

On!on, you noblest English.
whose blood is fet from fathers of war-proof!

進め 進め イギリスの貴族たち。
命知らずの父親から生まれたことを忘れるな!

And you, good yeoman,
whose limbs were made in England,show us

そして諸君 イギリスの郷士たちよ、
諸君もイギリスで生まれ育ったからには

Here the mettle of your pasture!
イギリス魂を存分に発揮しろ!

I doubt not,for there is none of you so mean
and base that hath not noble lustre in your eyes!

私は疑わない。目を見れば、卑怯卑劣な男は一人もいないとわかるぞ。

I see you standing like greyhounds in the slips, straining upon the start!
お前たちは革紐に繋がれた猟犬のようにはやっているな

The game's afoot.
さぁ、獲物が飛び出した"

※シャーロックが、叫んでるのはヘンリー五世の台詞だそうです

S: Oh, hello.
Can I have a cup of tea?

やぁ、どうも。
紅茶もらえます?

------------------------------------------------

J:Did you call the police?
警察は呼びました?

H:Of course I didn't call the police.
I'm not a civilian.

もちろん、呼んでないわ。
私は一般人じゃないのよ。

------------------------------------------------

H:These pictures, they're that man on the telly, aren't they?
この写真よ。それってテレビに出てた人よね?

S:What pictures?
どの写真?

H:They're everywhere.
部屋中、至る所に貼ってあるじゃない。

S:Oh,these pictures?! Oh, you can see them too? That's good.
どの写真だ?!あなたには見えてるのか?あぁ、それは良かった。

------------------------------------------------

T:Culverton Smith.
This I think, is relevant, from this morning.
He's publicly accused Mr Smith of being a serial killer.

カルヴァートン・スミス。
今朝、関連する記事が載ったのよ。
彼はスミスを連続殺人犯だと、公表したの。
publicly 公に、公然と、おおっぴらに
accused 告発された

J:Christ! Sherlock on Twitter, he really has lost it.
なんだって!シャーロックはツイッターからいなくなってたはずなのに
(アカウント消したって意味か?それとも最近ツイッターにいなかったのに的な意味?)

H:Don't you dare make jokes! Don't you dare!
I was terrified!

冗談を言ってる場合じゃないのよ!やめてちょうだい!
私は本当に怖かったんだから!

------------------------------------------------

S:A cup of tea! Oh,for goodness'sakes!
What's the matter with you?
Are you having an earthquake?!

紅茶をくれ!あぁ、早く!
どうかした?
地震でもきているのか?!
(薬中シャーロックに怯えて、紅茶を持つ手が震えているハドソンさんに言ってる)
for goodness'sakes お願いだから

------------------------------------------------

H:You need to see him,John.You need to help him!
彼に会うべきよ、ジョン。あなたにはシャーロックの助けが必要でしょ!

J:Nope.
必要ない。

H:He needs you!
シャーロックはあなたを必要としてる!

J:Somebody else! Not me.not now.
誰でもいいんだ!僕じゃなくていい。それに、今じゃない。

(メアリーの幻覚が見える)

H:Now, you just listen to me, for once in your stupid life!
I know Mary's dead and I know your heart is broken.
But if Sherlock Holmes dies too, who will you have then?
Because I'll tell you something, John Watson.
You will not have me!

私の話を聞いて、ジョン。あなたのくだらない人生の中で一度だけでいいわ。
メアリーを亡くしたことも、心の傷が癒えてないことも分かってる。
だけど、もしまたシャーロック・ホームズが死んだら、その時あなたのそばには誰がいるというの?
いいわね、ジョン・ワトソン。
私はその時、そばにいませんからね!

(外の車のところで泣いているハドソンさん)

H:Have you spoken to Mycroft? Molly? Anyone?
この事はもう誰かに言ったの?マイクロフトとかモリーとか、他の誰かとか…
They don't matter, you do.
言ってないわ。あなたにだけよ。

H:just see him,Please,John?
Or just take a look at him as a doctor.
I know you'd change your mind if you did.

会ってくれるだけでいいの、お願いよジョン?
それか、医者として彼を診てくれるだけでいいの。
そうすることで、あなたの気持ちが変わるかもしれないでしょう?

J:Yeah, look, OK, maybe, if I get a chance.
ええ、わかりました。たぶんね、もし、機会があれば。

H:Do you promise?
約束してくれる?

J:I'll try, if I'm in the area.
やってみます。僕がそこにいればね。

H:Do you Promise?
約束してくれるわね?

J:I promise.
約束します。

H:Thank you.
ありがとう。

(車のトランクを開けると、拘束されているシャーロックがいる)

H:Well,on you go. Examine him.
さぁ、どうぞ。診てちょうだい。
examine (…を)調査する, 検査する, 審査する, 考察する

------------------------------------------------

H: Right then,mister.Now I need your handcuffs.
I happen to know there's a pair in the salad drawer.
I've borrowed them before.

さぁ、手錠が必要ね。
私は偶然にも、サラダ皿の引き出しに手錠があることを知ってるのよ。
前に借りたことがあるの。
happen to ~ 偶然、たまたま
handcuffs 手錠
borrow 借りる

H: Oh,get over yourself.
You're not my first smackhead, Sherlock.

調子に乗らないでちょうだい。
あなたは私にとって初めてのヘロイン中毒者じゃないのよ。
get over yourself 調子に乗る、図に乗る

------------------------------------------------

S:That Woman's out of control!
I asked for a cup of tea!

ハドソンさんは僕を拘束して身動きが出来ない状態にした!
僕は、紅茶について聞いただけなのに!
out of control 手がつけられない, 手が付けられない, 制御不能

J:How did you get him in the boot?
どうやって彼をトランクの中に入れたんです?
boot トランク

H:The boys from the cafe.
カフェにいた男の子たちに頼んだの。

S:They dropped me! Twice!
あいつらは僕を落としたんだぞ!2回も!

H::And do you know why they dropped you, dear?
Because they know you.

なんでそうされたのかわかってるの?
わかってないでしょうね。

S:Who's this one? Is this a new person?
I'm against new people.

この人は誰だ?新しい恋人?
僕は反対だぞ。
against …に反対して, 反抗して

T:Excuse me for a moment.
(電話中)ちょっと待っててもらえますか?

J:She's my therapist.
彼女は僕のセラピストだよ。

S:Awesome! Do you do block bookings?
素晴らしい!君はまとめて予約したのか?
カウンセリングの複数回パックはあるのか?
(ジョンにはたくさんカウンセリングが必要だからな的な意味だそうです)

J:Whose car is that?
あの車は誰の?

H:That's my car.
私のよ。

J:How can that be your car?!
どうやって手にいれたんです?!

H:Oh, for God's sake!
I'm the widow of a drug dealer, I own property in central London.
and for the last bloody time, John, I'm not your housekeeper!

やめてちょうだい!私は麻薬ディーラーの元妻なのよ!
ロンドンの中心部に自分の土地を持ってる。
とてもひどい時間を過ごしたけれど(これは死んだ旦那との事かな?)
ジョン、私はあなたの家政婦じゃないのよ!
own 自分自身の、自分の
property 財産、資産、所有物、所有地
bloodyは英国風の表現で、怒り、賞賛、失望などを表す。

16
2017

【拙訳】Sherlock Season4 E2 日本語訳まとめ③(ネタバレ有)

CATEGORYSHERLOCK関連
SHERLOCK Season4(シャーロック シーズン4) E2「The Lying Detective」の翻訳続きです。前回の②から繋がってます。
S=シャーロック、J=ジョン、M=マイクロフト、T=セラピスト、E=ユーラスです。

T: You seem so much better, John.
前よりとても良くなったみたいね、ジョン。

J: Yeah,I am.I think I am.
Not all day,not every day,but,uh,you know.

ああ、そうだね。僕もそう思うよ。
一日中や、毎日ってわけじゃないけど、まぁ、そうなんだろうね。

T: It is what it is?
こんなもんだって?(これが現実だって?)

J: Yeah.
そうだ。

T: And Rosie?
ロージーはどう?

J: beautiful, perfect.unprecedented in the history of children.
That's not my bias,that's scientific fact.

すばらしいよ、完璧だ。子どもの歴史で類を見ないほどにね。
これは僕の偏見じゃないよ。科学的事実だ。
unprecedented 前例のない、空前の、今までに例のない、類をみない

T: Good.
良かったわね。

T: And Sherlock Holmes?
シャーロック・ホームズはどう?

J: Back to normal.
正常(普通)に戻ったよ。

-------------------------------------------

S: Get out!
出てけ!

MAN: She's possessed by the Devil!
I swear my wife is channeling Satan!

彼女は悪魔にとり憑かれたんだ!
妻はサタンの霊媒者になっている!

S: Yes, boring.Go away!
そうか。つまらん、出てけ!

WOMAN: I'm not channelling Satan!
私はサタンの霊媒者になんてなってませんからね!

S: Why not?given your immediate alternative?
なぜだ?あなたはすぐにでもどちらを選ぶべきか決められたのでは?(サタンか人間かってこと?)
immediate 即座の、早速の、
alternative (二つのうち)どちらかを選ぶべき、二者択一の


-------------------------------------------

T: What about his brother?
彼のお兄さんはどう?

J: Mycroft? He's fine.
マイクロフト?優秀(立派)だよ。

-------------------------------------------

M: So, you're off now?I won't see you for a week?
今日は仕事は休みか?あと一週間は会えそうにないかね?

W: Just spending it at home.Unless she calls.
家にいるだけよ。彼女が電話してこない限りね。
unless …でないかぎり、もし…でなければ

M: The PM.
首相か。
PM=Prime Minister.

W: Here.
これを。

(なにか紙を渡すスモールウッド)

M: What's this?
なにかね?

W: My number.
私の電話番号よ。

M: I already have your number.
君の電話番号は知っているが。

W: My private number.
プライベート用の番号よ。

M: Why would I need that?
なぜ私にこれが必要だと?

W: I don't know. Maybe you'd like a drink some time.
どうしてかしらね。たぶん、そのうちお茶でもしたくなるんじゃないかしら。

M: Of what?
なぜだ?

W: Up to you.Call me.
あなた次第よ。電話して。

-----------------------------------------------

J: I mean,obviously,"normal" and "fine" are both relative terms when it comes to Sherlock and Mycroft.
つまり、明らかに、シャーロックとマイクロフトに関しては、"正常(普通)"と"優秀"はどちらも相対的な言葉だな。
comes to …のこととなると
このジョンのマイクロフトに対する"fine"の訳し方がイマイチわからない…。
皮肉まじりっぽい言い方だからなー…。


T: Obviously.
明らかに、ね。

-----------------------------------------------

S: She was real.
彼女は本物だった。

-----------------------------------------------

T: I didn't mean Mycroft.I meant the other one.
マイクロフトの事じゃないわ。私が言ってるのはもうひとつのほうよ。

J: Which other one?
もう一つって、どれ?

T: You know,the secret one.
秘密にしてるもうひとつのほう。

J: Oh, that was just something I said. I'm sure there's ...
How did you know about that? I didn't tell you that.

いや、大したことないことだよ。きっと…
それどこで知ったの?僕は君に言ってないはすだ。

T: You must have done.
言ったわよ。

J: I really didn't.
僕は本当に言ってない。

T: Well, maybe Sherlock told me.
シャーロックが私に教えてくれたんじゃないかしら。

J: Wait,you've met Sherlock exactly once,In this room.
He was off his head.

いや、君は確かに一度シャーロックに会った。この部屋でだ。
でもシャーロックはあの時(薬で)正気じゃなかった。
off one's head (酒や薬で)酔っている、フラフラである

T: Oh, no, no. I met him before that.
あら、違う違う。私が会ったのはそれより前よ。

J: When?
いつ?

T: We spent a night together.
It was lovely. We had chips.

私たちは一緒に夜を過ごしたの。
とても楽しかった。一緒にチップスを食べたの。

T :(フェイスの声で) You're not what I expected, Mr Holmes.
You're ... nicer.

あなたは私の予想と違ったわ、ホームズさん。
あなたは…素敵だわ。

T: Culverton gave me Faith's original note.
A mutual friend put us in touch.

カルヴァートンはフェイス(スミスの娘)が書いた元のメモをくれたの。
共通の友人は私たちに連絡(接触)してきた。

T: Did Sherlock ever tell you about the note?
I added some deductions for Sherlock.
He was quite good.

シャーロックはそのメモについてあなたに話した?
私はそのメモにいくつか推論を付け足したわ。
彼の推理はとても良かった。

T: But he didn't get the big one.
だけど、一つ大きなことを見逃してた。


(シャーロックがフェイスのメモをブルーライト?に当てると”MISS ME?”が浮かび上がる)


T: In fairness, though, he does have excellent taste in chips.
公平な立場で言うのなら、彼はチップスの味に関しては素晴らしい舌を持ってたわね。

(セラピストが髪をかき上げると、左耳にジョンがつけていたプラスチックのデイジーの花が刺さっている)

J: What's that?
それ、なに?

T: What's what?
なにって何が?

J: The flower in your hair is like I had on the bus.
君が髪につけてる花は、僕がバスの中でつけてた花みたいだ。

T: You looked very sweet.But then you have such nice eyes.
あの時のあなた、とてもかっこ良かった。こんな素敵な目をしてる。

(ジョンが、バスで会った浮気相手の女性=セラピストだと気付き、椅子に沈み込む)

T:Amazing,the times a man doesn't really look at your face.
Oh, you can hide behind a sexy smile, or a walking cane.
Or just be a therapist,talking about you.All the time.

素晴らしい。こういう時の男性は本当に見てられないわね。あなたの顔ったら。
※ここイマイチわからないです・・・
あなたはセクシーな笑顔を影に隠してる。(歩行用の)杖もね。
そうだった、セラピストのままでいなくちゃ。あなたの事を話して。ずっとね。
hide behind うしろの隠れる、かげに隠れる

T: Oh, please don't go anywhere.
I'm sure the therapist who actually lives here wouldn't want blood on the carpet.

お願いだからどこにも行かないで。
私は確かにセラピストよ。この家の本物のセラピストは、このカーペットを血で汚す事は望んでないわ。

T: Oh, hang on, it's fine. She's in a sack in the airing cupboard.
ちょっと待ってて。大丈夫よ。彼女は乾燥用戸棚の中にいるから。

J: Who are you?
きみは誰?

T: Isn't it obvious?Haven't you guessed?I'm Eurus.
わかるでしょ。推理してないの?私はユーロスよ。

J: Eurus?
ユーロス?

E: Silly name, isn't it? Greek. Means the East Wind.
馬鹿げた名前だと思わない?ギリシャ人みたい。意味は東の風。

E: My parents loved silly names, like Eurus,or Mycroft,or Sherlock.
私の両親はそういう名前が好きだった。ユーロスとか、マイクロフトとか、シャーロックとか。

E: Oh,look at him.
Didn't it ever occur to you not even once,
that Sherlock's secret brother might just be Sherlock's secret sister?

この彼の顔見てよ。
シャーロックの秘密の兄弟が、シャーロックの秘密の姉妹になるかもって、これまでに一度も考えたことなかった?

E: oh. He's making a funny face.I think I'll put a hole in it.
あら、おかしな顔になってる。そこに穴をあげてあげる。

15
2017

【旅行記】イギリス2日目(SHERLOCKロケ地/S3E1/ランドマークホテル)

CATEGORYSHERLOCK関連
_DSC2383.jpg

IMG_0532.jpg

レンスターガーデンから地下鉄PADDLINGTON(パディントン駅)まで10分程歩き、
Bakerloo Line(ベイカールー・ライン)に乗車。

IMG_0567.jpg

Marylebone(メリルボーン)駅


②ランドマークホテル/The Landmark London
地下鉄Bakerloo Line(ベイカールー・ライン)のMarylebone(メリルボーン)駅から徒歩1-2分くらい。
駅出て目の前がホテルの裏手になります。1枚目の写真はホテルの正面右サイド。
S3E1空の霊柩車(The Empty Hearse)でのボーイズ再会の場!!
そして、ジョンがメアリーへのプロポーズの場所として選んだレストラン(実際はホテル)

_DSC2409.jpg

_DSC2416.jpg

_DSC2418.jpg

_DSC2420.jpg

劇中では外観だけ使ったので、中のロケ地は違うレストランです。
ちなみにそのレストランは閉店してしまったそうです。そこでディナーしたかったなぁ~~~~
このホテルは五つ星らしく、一泊4-5万するのでさすがに泊まれませんでした;;


Sherlock filming locations/The Landmark London/The Empty Hearse
15
2017

【旅行記】イギリス2日目(SHERLOCKロケ地/S3E3/レンスター・ガーデンズ)

CATEGORYSHERLOCK関連
イギリス旅行記・1日目はこちら

イギリス旅行2日目~~~
↓ざっくりと回ったのはこんな感じ~(ざっくりすぎ)

3.png


① 23-24 Leinster Gardens(レンスターガーデンズ23-24番地)
Circle/District(サークル・ラインかディストリクト・ライン)のBayswater(ベイズウォーター)駅を下車して6分位だった気が。
S3E3のHis Last Vow(最後の誓い)で出てくるロケ地。

_DSC2357.jpg

_DSC2377.jpg

_DSC2342.jpg

_DSC2359.jpg

_DSC2369.jpg

実際にメアリーが入って行くドアは、23番地のホテルの左側のドアを使ったそうな???
ドラマと同じく、実際もハリボテなんだけど外側から見ると本当に全然わからなくて。
普通に歩いてたら、絶対にこれがハリボテだって気がつかないレベル。
気をつけて見てても、2-3回スルーしましたww
え、もしかして、カーテンかかってないから、ここか???って感じでやっと気付いた…。

C-_Users_reira_Desktop_IMG_0416.jpg

折角なので友達に撮ってもらいましたフェッフェッ

Sherlock filming locations/Leinster Gardens/His Last Vow
13
2017

【旅行記】イギリス旅行記・1日目

前日譚はこちらをどうぞ。

イギリス旅行記1日目。
1日目はシャーロックのロケ地巡りないよ!
羽田発23:55というスーパー深夜便で行きました。
出発前に、そばとほうじ茶アイスというジャパニーズフードを入れ、さらば日本~~~

IMG_9322_201702131644580d9.jpg

途中のドーハ乗り継ぎが1時間半くらいしかなかったのに、到着が1時間程遅れたので、
汗だっくだきかきながらドーハの空港を全速力で走って、どうにか間に合いました。
帰りのドーハ乗り継ぎでもえらい目にあったんですが、それはまた帰りのブログで・・・。
行きも帰りも、カタール航空を使ったんですが、エコノミーなのに席は広めだし、ご飯も機内食にしては美味しいし、
とても良かったんだけど、飛行機の到着だけはなぜか行きも帰りも1時間~1時間半遅れるという。。。
あと、なんで乗り継ぎ時間が1時間しかないのに、座席の配置がかなり後ろのほうだったのか、謎でした。
普通、乗り継ぎ時間短い人って前のほうに座らせない・・・?ブツブツ

機内食はこんな感じでした。

IMG_0259_2017021317020571b.jpg
羽田~ドーハ 夜食

IMG_0260_201702131702062c1.jpg
羽田~ドーハ 朝食

IMG_0261_20170213170208b99.jpg
ドーハ~ロンドン 昼食

このさ、ロンドンに近づくにつれて、どんどんイギリス飯っぽくなっていく感。
1食目は和食とか出てきて感動したし、2食目はまだブルガリアヨーグルトとか日本製らしいオレンジジュースがあるんだけど、
3食目にして、あっイギリス飯きたなこれって感じ。
気をつけないとイギリス製のヨーグルトの蓋あけた瞬間、顔にヨーグルト飛ぶからね。
私は行きも帰りもやったからね!!!
ブルガリアヨーグルトさんすごいよ、蓋あけてもヨーグルト飛ばないようにちゃんと作ってんだよ。特別製法(?)だよ。

IMG_9327_20170213171642a8a.jpg

IMG_9326_20170213171641f30.jpg

お金ケチって節約して乗り継ぎで行ったので、
羽田~ドーハ約12時間、ドーハ~ロンドン7時間という、長い長い旅でした(帰りも同様)
ロンドン~~~テムズ川~~~ひゃっほ~~~~い!!!
ロンドン到着が予定2時間半くらい遅れたのと、ヒースロー空港の入国審査が遅いし、検査員は異様に少ないしで、
結局ヒースロー空港出たの4時半くらいだったかな・・・(後から知ったけど、ヒースローの入国審査はかなり厳しいらしい)


約10日半の滞在中、1日目~3日目はロンドンにいました。
泊まったのはホステルなんだけど、外観がホーンデットマンションみたいな洋館で可愛かった!!!
個室だったからか、ホステルなのにポットついてるし水回りも綺麗だし感動した~

IMG_1191.jpg

FullSizeR.jpg

IMG_1200.jpg

IMG_1193.jpg

長時間のフライトと、デカいスーツケースを抱えての移動に疲れ
(ロンドンの地下鉄、びっくりするくらいにエレベーターがない)
食事は近場で済ませることにしたんだけど、

IMG_1205.jpg

このラビオリびっくりするくらい美味しかった!!!
トルテリー二っていう日本ではあまり馴染みのない料理なんだけど、
ラザニアの麺にパルメザンチーズと生クリームとハム絡めたみたいなやつ(適当)
行った時にトルテリーニ売り切れだったんだけど、店員のお兄さんが優しくて、
トルテリーニと同じ具材で作ってラビオリを作ってくれたんだよ・・・・。
優しいし美味しいし惚れた・・・ちなみにトリップアドバイザー17位です。
トリップアドバイザー嘘つかない・・・・。
TortelliniCupさん。めっちゃ美味しかったからリンク貼っとく

海外って量が多いので、ビビってラビオリをスモールサイズにしたんだけど、
量は日本サイズだったし、レギュラーサイズ頼めば良かったと後悔。
足りなかったので、帰りにコンビニというか商店みたいなお店で、
サンドイッチとチーズ(一番安いやつ)とポテチ買ったんだけど。

IMG_1203.jpg

サンドイッチに味がない。
たまごサンドイッチなのに、塩っけもマヨネーズの味もなにもなくて。
これが噂のロンドン飯か???と洗礼を受けた気分に。
本当に、食パンにゆで卵をつぶして挟んだだけの卵サンドイッチだった。衝撃だった。
ポテチをおかずにサンドイッチ食べた。ちなみにチーズはこんなに安いのに美味しかった。

1日目終了。
12
2017

【拙訳】Sherlock Season4 E2 日本語訳まとめ②(ネタバレ有)

CATEGORYSHERLOCK関連
SHERLOCK Season4(シャーロック シーズン4) E2「The Lying Detective」の翻訳続きです。前回の①から繋がってます。
S=シャーロック、J=ジョンです。

0:01:22~0:01:24

S: So Molly's gonna meet us at this cake place.
モリーがそのケーキ屋で僕達と会うつもりらしい。

J: Well,it's your birthday. Cake is obligatory.
ああ、君の誕生日だからな。ケーキは必要だろ。
obligatory 義務としてなすべき、必修の

S: Oh, well. Suppose a sugar high's some sort of substitute.
シュガーハイは代替品の一種だと思うが。
sugar high 糖分を取りすぎて、テンションが高くなってる状態のこと
substitute 代替、代わり
some sort of ある種

J: Behave.
大人しくしろよ(行儀良くしてろよ)

S: Right then.
You know,it's not my place to say,but,it was just texting.

わかってる。それと、僕が言える立場じゃないが、あれはメールしてただけだ。
it's not my place 私の出る幕ではない、口出し出来る立場にない

S: People text,even I text. Her, I mean,Woman.
Bad idea.Try not to, but, you know, sometimes…

人はみんなメールをする。僕でさえ。彼女もだ。つまり、あの女のことだけど。
よくない考えだ。しないほうがいい。だけど、たまに考える。
try not to しないほうがいい

S: It's not a pleasant thought, John.
But I have this terrible feeling,
from time to time that we might all just be human.

これはいい考えではないよ、ジョン。
ひどい気分になる。
でも、時々考える、僕たちはみんな人間のままなんじゃないかって。
pleasant (人に喜びを与える意味で)楽しい、気持ちのよい

J: Even you?
君でさえも?

S: No.Even you.
いいや、君でさえもだ。

J: Cake?
(ケーキ屋に)行くか?

S: Cake.
ああ。

S: Oh,ear...
あぁ、そうだ…

J: What? What is it?What’s wrong?
なんだ、どうかしたか?なにしてるの?

(部屋の中にある箱をガサゴソといじり、鹿撃帽を取り出しかぶるシャーロック)

J: Seriously?!
本気か?!

S: I'm Sherlock Holmes. I wear the damn hat.
僕はシャーロック・ホームズだ。この帽子をかぶらないとな。

S: Isn't that right, Mary?
そうだろ、メアリー?

---------------------------------------------------------------------------------
感想ついったーまとめ

S4でジョンのシャーロックへのヒーロー化と、
シャーロックのジョンへの神聖化?みたいなのがお互いになくなり、
ただの人間の相棒になれたみたいで、このシーンとても好きです。

ジョンがどれだけ不器用で生きづらい人間なのかはS4でよく分かったし、ジョンってあれよね、
悲しさとか寂しさとか悔しさが溜まって怒りのパワーゲージに変わっちゃう人だから、
同調してもらいにくい人間なのかなって気はする。
「僕が言える立場じゃないが、あれはメールしただけだ」というシャーロックのくっそ下手なフォローの仕方、
めちゃくちゃく和んだんですけど、その話題掘り返すなよっていうジョンさんのお顔とため息。
いや、わからない、ジョンさん内心もしかしたらこの下手なフォロー嬉しいかもしれない。

シャーロックが鹿撃帽をかぶって、「I'm Sherlock Holmes. I wear the damn hat」って言うのは、
忌嫁マイパレジョンの「You’re Sherlock Holmes. Wear the damn hat」にかけてるのかな??
ほんとシャーロックはジョンに言われたことを一言一句覚えているんだなぁ。。。マイパレジョンも然り。

シャーロックにはメアリーの、「私はもう死んでるから、贈り物としてシャーロックに帽子をかぶせて」
っていう願いは聞こえてないはずなんだけど。シャロが実はメアリーが見えてた可能性ある?
ジョンにメアリーが見えている前提での「そうだろ、メアリー?」だと思うから、
メアリーが消えたの知ってたらその台詞は出てこないはずなんだよなぁ。
・シャロにはメアリが見えていない(ジョンが見ていたメアリとは異なるが、マイパレメアリ的なものが見えていたかも?)
・シャロにはジョンと同じメアリが見えていた(シャロはそれがスミスの娘のように薬中のせいで見えてると思ってたけど、実はジョンと同じメアリを見ていた)
という二つの可能性を考えたけど、私の中では1つ目かなぁと思いました。

シャーロックにはマイパレメアリーがいてたまに相談に乗ってくれるんだけど、
「メアリー、ジョンがまだ僕を迎えに来ない」
「まだ3日も経ってないわよ、シャーロック…」
みたいなのあったらいいな~、けどシャロはメアリー殺したの自分だと思ってるから、ないかな~~

ボーイズハグと、その後のボーイズ(今回訳したやつ)ってハグの2-3日後の話だと思ってたけど、
シャロ同じシャツ着てるし、ジョンがシャロのバースデーだからケーキ必須だろ的なこと言ってたから同じ日だったんですよね!
普通にハグの20分後くらいあとの話か!!全然気付かなかった。
カメラワークが俯瞰で221Bの外観映すから、違う日かと思ってたよ。。。

この後、ケーキ買ってジョンモリーハドソンさんと一緒にシャーロックは初めて誕生日を祝ってもらったんだろうか。
事件の依頼でたまたまやってきたレストレードもパーティの巻き添えくうんでしょ。うっ、尊い。
ケーキにお手手突っ込んだロージーちゃんがシャロの顔をクリームまみれにするといいと思います。
きっとモリーちゃんは「仲直りできて良かったわね」って思いながら、
あの優しくてちょっと憧憬のこもった瞳でボーイズを見つめるんでしょ~~
ロージーのお世話役という立ち位置で、シャーロックのそばにいられることで満足しちゃうんだろうな。
モリーちゃんすき…幸せになってほしい…。
けど、モリーちゃんロージー育ててるも同然みたいな感じだから結婚しなさそう。もうすでに1回婚約破棄してるしね。

モリーは、あんなにしょっちゅうロージーのお世話してたら、ロージーにママって呼ばれそう。
モリー→ママ、シャーロック→パパ ってロージーに言われて、えっえっ??!!って照れるモリーが見たいぞ!!
可愛いぞ!!ジョンはダディで。ハドソンさんはグランマ。うっ、家族~~~

ワトソン夫婦の考えたシャーロック、モリー、ハドソンさんの代親って、
俺の考えた最強の布陣!!って感じするし、ワトソン家を含んで家族を作ったんだなぁって感じする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。