12
2017

【拙訳】Sherlock Season4 E2 日本語訳まとめ②(ネタバレ有)

CATEGORYSHERLOCK関連
SHERLOCK Season4(シャーロック シーズン4) E2「The Lying Detective」の翻訳続きです。前回の①から繋がってます。
S=シャーロック、J=ジョンです。

0:01:22~0:01:24

S: So Molly's gonna meet us at this cake place.
モリーがそのケーキ屋で僕達と会うつもりらしい。

J: Well,it's your birthday. Cake is obligatory.
ああ、君の誕生日だからな。ケーキは必要だろ。
obligatory 義務としてなすべき、必修の

S: Oh, well. Suppose a sugar high's some sort of substitute.
シュガーハイは代替品の一種だと思うが。
sugar high 糖分を取りすぎて、テンションが高くなってる状態のこと
substitute 代替、代わり
some sort of ある種

J: Behave.
大人しくしろよ(行儀良くしてろよ)

S: Right then.
You know,it's not my place to say,but,it was just texting.

わかってる。それと、僕が言える立場じゃないが、あれはメールしてただけだ。
it's not my place 私の出る幕ではない、口出し出来る立場にない

S: People text,even I text. Her, I mean,Woman.
Bad idea.Try not to, but, you know, sometimes…

人はみんなメールをする。僕でさえ。彼女もだ。つまり、あの女のことだけど。
よくない考えだ。しないほうがいい。だけど、たまに考える。
try not to しないほうがいい

S: It's not a pleasant thought, John.
But I have this terrible feeling,
from time to time that we might all just be human.

これはいい考えではないよ、ジョン。
ひどい気分になる。
でも、時々考える、僕たちはみんな人間のままなんじゃないかって。
pleasant (人に喜びを与える意味で)楽しい、気持ちのよい

J: Even you?
君でさえも?

S: No.Even you.
いいや、君でさえもだ。

J: Cake?
(ケーキ屋に)行くか?

S: Cake.
ああ。

S: Oh,ear...
あぁ、そうだ…

J: What? What is it?What’s wrong?
なんだ、どうかしたか?なにしてるの?

(部屋の中にある箱をガサゴソといじり、鹿撃帽を取り出しかぶるシャーロック)

J: Seriously?!
本気か?!

S: I'm Sherlock Holmes. I wear the damn hat.
僕はシャーロック・ホームズだ。この帽子をかぶらないとな。

S: Isn't that right, Mary?
そうだろ、メアリー?

---------------------------------------------------------------------------------
感想ついったーまとめ

S4でジョンのシャーロックへのヒーロー化と、
シャーロックのジョンへの神聖化?みたいなのがお互いになくなり、
ただの人間の相棒になれたみたいで、このシーンとても好きです。

ジョンがどれだけ不器用で生きづらい人間なのかはS4でよく分かったし、ジョンってあれよね、
悲しさとか寂しさとか悔しさが溜まって怒りのパワーゲージに変わっちゃう人だから、
同調してもらいにくい人間なのかなって気はする。
「僕が言える立場じゃないが、あれはメールしただけだ」というシャーロックのくっそ下手なフォローの仕方、
めちゃくちゃく和んだんですけど、その話題掘り返すなよっていうジョンさんのお顔とため息。
いや、わからない、ジョンさん内心もしかしたらこの下手なフォロー嬉しいかもしれない。

シャーロックが鹿撃帽をかぶって、「I'm Sherlock Holmes. I wear the damn hat」って言うのは、
忌嫁マイパレジョンの「You’re Sherlock Holmes. Wear the damn hat」にかけてるのかな??
ほんとシャーロックはジョンに言われたことを一言一句覚えているんだなぁ。。。マイパレジョンも然り。

シャーロックにはメアリーの、「私はもう死んでるから、贈り物としてシャーロックに帽子をかぶせて」
っていう願いは聞こえてないはずなんだけど。シャロが実はメアリーが見えてた可能性ある?
ジョンにメアリーが見えている前提での「そうだろ、メアリー?」だと思うから、
メアリーが消えたの知ってたらその台詞は出てこないはずなんだよなぁ。
・シャロにはメアリが見えていない(ジョンが見ていたメアリとは異なるが、マイパレメアリ的なものが見えていたかも?)
・シャロにはジョンと同じメアリが見えていた(シャロはそれがスミスの娘のように薬中のせいで見えてると思ってたけど、実はジョンと同じメアリを見ていた)
という二つの可能性を考えたけど、私の中では1つ目かなぁと思いました。

シャーロックにはマイパレメアリーがいてたまに相談に乗ってくれるんだけど、
「メアリー、ジョンがまだ僕を迎えに来ない」
「まだ3日も経ってないわよ、シャーロック…」
みたいなのあったらいいな~、けどシャロはメアリー殺したの自分だと思ってるから、ないかな~~

ボーイズハグと、その後のボーイズ(今回訳したやつ)ってハグの2-3日後の話だと思ってたけど、
シャロ同じシャツ着てるし、ジョンがシャロのバースデーだからケーキ必須だろ的なこと言ってたから同じ日だったんですよね!
普通にハグの20分後くらいあとの話か!!全然気付かなかった。
カメラワークが俯瞰で221Bの外観映すから、違う日かと思ってたよ。。。

この後、ケーキ買ってジョンモリーハドソンさんと一緒にシャーロックは初めて誕生日を祝ってもらったんだろうか。
事件の依頼でたまたまやってきたレストレードもパーティの巻き添えくうんでしょ。うっ、尊い。
ケーキにお手手突っ込んだロージーちゃんがシャロの顔をクリームまみれにするといいと思います。
きっとモリーちゃんは「仲直りできて良かったわね」って思いながら、
あの優しくてちょっと憧憬のこもった瞳でボーイズを見つめるんでしょ~~
ロージーのお世話役という立ち位置で、シャーロックのそばにいられることで満足しちゃうんだろうな。
モリーちゃんすき…幸せになってほしい…。
けど、モリーちゃんロージー育ててるも同然みたいな感じだから結婚しなさそう。もうすでに1回婚約破棄してるしね。

モリーは、あんなにしょっちゅうロージーのお世話してたら、ロージーにママって呼ばれそう。
モリー→ママ、シャーロック→パパ ってロージーに言われて、えっえっ??!!って照れるモリーが見たいぞ!!
可愛いぞ!!ジョンはダディで。ハドソンさんはグランマ。うっ、家族~~~

ワトソン夫婦の考えたシャーロック、モリー、ハドソンさんの代親って、
俺の考えた最強の布陣!!って感じするし、ワトソン家を含んで家族を作ったんだなぁって感じする。

0 Comments

Leave a comment